ホーム製品情報 治療インスツルメント> ペリオプローブ
SD ペリオプローブ
PPD,BOP,歯肉の形態確認など診査に使用
ステンレス製丸型軽量ハンドルに変更(S-1,S-3,S-4,D-1)、操作性が向上しました。

SD ペリオプローブ S-1
目盛りは黒と緑でカラーコードされ、より見やすくなっています。

 S-1 (3-3-2-3)
 
SD ペリオプローブ S-2 ノバティックタイプ
特に臼歯部に使用します。90度に付けた角度は臼歯部の操作性がよく、お口の開けにくい方でも容易に測定できます。

 S-2 (3-3-2-3)
 
SD ペリオプローブ S-3
先端に0.5mmの球が付き、ポケット底にやさしく操作できます。また、根面を探知しながら測定できる便利なプローブです。

S-3 (0.5-2.5-3-2-3)
 
SD ペリオプローブ S-4
1mm間隔の目盛りはより細かく測定したい時に役立ちます。特に高い精度が求められる歯周治療や歯周外科の必須アイテムです。
5mmと10mmはカラーコードになっています。

S-4 (1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1)
 
SD ペリオプローブ D-1
根分岐部病変の診査に使用します。根分岐部の形態や歯周組織の破壊、骨欠損が確認できます。

D-1 (3-3-3-3)
 
Y'sプローブ
根面探知用軽量プローブ(先端0.5mmの球付き)。 軽量ハンドルは根面の状態が手指へ鋭く伝わります。一度使ったらルートプレーニングには欠かせない根面探知の必需品です。
 
P-プローブ
暗い口腔内でもオリーブ色のカラーコードは鮮明に見えます。歯肉との反対色が測定を容易にし、プロービング時間を短縮します。 通常のハンドルより太く軽量なプラスチックハンドルなので、軽い力で把持できます。

口腔内で鮮明に見えるオリーブ色の目盛り
P-プローブ #2   P-プローブ #3   P-プローブ #6 WHOタイプ   

   #2 (1-1-2-2-2-2)

#3 (3-3-2-3)


  #6 (0.5-3-2)